2017年01月09日

【公認交流会】と【巡業】制度がスタート

北海道発!牛乳パックで紙相撲【公認交流会】と【巡業】制度がスタートします!




これまで全国各地で開催してまいりました牛乳パックで紙相撲交流会ですが、近年になりご依頼数が増えたことや、より継続出来るものとする為にわかりやすく新たな制度をスタートすることとなりました。

【公認交流会】とは?
・10名以上が集まる場所で事前に実行委員会へ申請があれば「牛乳パックで紙相撲公認交流会」として全国どこでも開催できます。
高山市交流会1.jpg
<2016年 岐阜県高山市で試験的に行った公認交流会の様子>

<公認交流会のメリット>
・無料で行えます!
・実行委員会から実際の実況中継で使っているルールやエントリーシート画像をデータ送付します。
(POPなどの製作労力を軽減)
・力士の型版データを送付。(初めて紙相撲力士を作るという方でも簡単に参加できるようになります)
・作られた力士は「全国大会にエントリーできる」という夢を感じていただけます。
(宅配・郵送で実行委員会へ送付し、牛乳パックで紙相撲の本場所にチャレンジします)

<土俵はどうすればいいの?>
これまで、交流会での土俵は私共で用意することが基本でしたが、新たに土俵の規定に自由度をプラスすることになりました。
したがって・・・自由に牛乳パックで紙相撲オリジナル土俵を作っていただくことが出来ます!
<条件はこれだけ>
・直径12センチ以上
・土俵を叩いて力士が揺れること

広がる新たな可能性!?極端な話ですが・・・
☆円形じゃなくても良い(笑)
☆ウチは△土俵なんだ!(笑)
☆地面ツルツルです(笑)
☆寄りきれないくらいデカイ(笑)
☆平らだけどフニャフニャ(笑)
などもアリです。

「公平さに欠けるのでは?」という意見のもとこれまでは見送ってきましたが、大相撲の土俵も巡業ではその地元の土を使っているなど、いつも同じ条件ではありません。その考えを我々も採用します。

そしていつかは・・・
「みんなで(わたしが?)作った土俵で本場所が開催」もあるかも!?
※実行委員会メンバーが直接会場へお伺いすることは致しません。
ですが・・・公認交流会から多数の関取(十両以上)が生まれた場合、その場所で本場所の開催が行われる可能性もあります。

公認交流会に関してのお問い合わせ:牛乳パックで紙相撲実行委員会⇒ d-fine@hokkaidou.me
実行委員長:山田大輔のツイッターアカウント⇒ https://twitter.com/d_fine

【巡業】とは?
・10名以上が集まる場所であれば「牛乳パックで紙相撲○○場所」として全国どこでも開催できます。
名古屋場所1.JPG
愛知県名古屋市での交流会の様子
福島場所7.jpg
福島県郡山市での交流会の様子

<巡業のメリット>
・日本で唯一の紙相撲実況者 山田大輔と土俵を叩き続けるタレント うみぼうずが会場へ全国どこでも直接お伺いします!
山田大輔.JPGうみぼうず.JPG
・山田大輔とうみぼうずが紙相撲力士の作り方を直接お教えし、対戦も実況付きで盛り上げます。
(大会形式や交流形式など柔軟に対応いたします)
・インターネット実況中継を実施。全国の皆様にもお楽しみいただけます。(会場のアピールにもつながります)
・エンディングテーマ「つながる〜Tsunagaru〜」他、生ライブ

<ご希望に応じてこんなプラスも>
・本場所実況中継を開催。もちろんインターネット実況中継も。横綱土俵入りもあなたの眼の前で!
現地で土俵を作ると⇒○月場所○日目を皆さんの土俵で行える!
:開催例:
前半⇒紙相撲交流(力士を作ってそれぞれで対戦。大会も実施可能)
後半⇒本場所開催(普段は札幌で行われている全国の力士が集う本場所を眼の前で応援できる!)

・福祉関係の大学・地域/世代間交流にご興味がある方々にオススメ。講演会を実施。
世代間交流1.JPG
「体験型講演会」として、トークだけではなく紙相撲力士も作れます。全国でイベント司会や講演会を行ってきた山田大輔とうみぼうずが楽しく講演致します。
:開催例:
前半⇒講演会(世代間交流/地域間交流をテーマにトーク)
後半⇒紙相撲体験(交流会形式で力士を実際に作って対戦)

<料金は?>
移動交通費や宿泊費、牛乳パックで紙相撲が継続開催できるよう以下のご支援金をお願いいたします。
開催基本料金:10万円(全国どこでも交通費・宿泊費等込み)

巡業に関してのお問い合わせ:牛乳パックで紙相撲実行委員会⇒ d-fine@hokkaidou.me
実行委員長:山田大輔のツイッターアカウント⇒ https://twitter.com/d_fine
posted by 牛乳パックで紙相撲協会 at 18:25| 北海道 ☔| Comment(0) | 交流会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: